猫談義

◇愛猫ちび、永眠。

 ちびが逝ってしまいました。直前まで絶対治ると信じてうたがいませんでしたが、あっけない最期でした。初七日が済んだところですが、もう一ヶ月も二ヶ月も経ってしまったような気がします。ちびとの出会いから15年、一体ちびは実際にいたのか、いなかったのか、何だかまるで夢のようにも感じます。
 ちびは私にとって特別な日に拾った、特別な子でした。ちびを拾う直前に、ある本を手にし、その中に紹介されていた方とある講座との出会いがその後の私の人生を変えたのでした。
 ちびを抱いてエレベーターを降りた時にふと空を見ると、天使の階段のような、今まで見たこともないような美しい雲が空にかかっていたことが印象的でした。ちびを送った日も、暫く振りの好天に恵まれ、空は青く高く、ペット霊園に向かう途中の車窓から見えた富士山は、雪を頂き、麓には雲がたなびき、神話に出てくる霊山のように映りました。単なる偶然、と言ってしまえばそれまでですが、「ああ、安心してちびを送れる」と感じた、そんな冬日でした。
 丸々6週間の闘病生活でしたが、亡き骸はそんなことを微塵も感じさせない程美しく、ただ眠っているだけですぐにも起き出すのではないかと錯覚する程でした。
 「猫は目を閉じませんよ」と獣医さんが言っていましたが、耳元で、「ちび、今までありがとうね。今度はもっと良いところに行くんだよ」と囁くと、それまで閉じていなかった目が徐々に閉じて、表情も安らかなものに変化していったように感じました。
 翌日、日向ぼっこが大好きだったちびに最後の日向ぼっこをとベランダに出すと、発病してから毛づくろいも全く出来なかったちびでしたが、体の毛が輝いて、何年も時が遡り、若い時のちびにもどったような気がしました。葬儀屋さんも、「いつ亡くなったんですか?15歳?とてもそんな年に見えないなあ」と驚いていました。

 思えば、やはり寿命だったのでしょう。発病から逝ってしまうまで、何回か分岐点がありましたが、全て悪い方へ向かってしまうような結果になりました。目が見えなくなってしまった時も、浮腫んで尿が出なくなってしまったときもそうでした。
 逝ってしまうまでの数日間、私の生活は自分の寿命を縮めてもという位の気持ちで、24時間がちび中心に回っていました。しかし、前日にとても大事な仕事が入ってきて、ふとちびから意識が離れました。そして、その翌日にあっけなく逝ってしまいました。きっと私の邪魔をしないようにと、自分で時期を察したのではないかと思います。
 獣医さんは「この子はよく頑張りましたよ。本当だったら昨年末に逝ってしまってもおかしくない状態でした」と言っていました。それからちょうど4週間、ちびは私の「生きていてほしい」という気持ちに反応して頑張っていてくれたのではないかと思います。気功治療の時や、お祈りしている時など、眠っていたちびがふと目を覚まして起き上がろうとしたことが何回もありました。直前まで危篤状態というものもありませんでした。

 最期まで、前向きで頑張っていたちび。
 たくさん悪戯もしたし、たまを苛めたりも家族に噛み付いていたりもしたけど、亡くなった母を癒し、その後は私達を癒してくれたちび。猫なりの徳を積んで、最後少し苦しんで果もしっかり果たして、猫なりに高いところに行ってくれたでしょうか。
 ありがとう、ちび!!また、どこかで逢えるといいね。

050515_134702

 (昨年5月位のちびの寝姿。
 歩けなくなるまでは、夜には見えない目で私のベッドまでやって来て、私の首に巻きついて休んでいたりしました。
 病気になってからは、あれ程聞かん気のちびが、寂しい位に聞き分けの良い、大人しい従順な子になっていました。)

| | Comments (6) | TrackBack (0)

◇ペットの老後

 我が家には二匹の猫がいます。二匹とも野良だったけど、縁あってからおよそ15年、昨年まで病気らしい病気もせずに元気でいてくれました。ありがたいことです。
 しかし、昨年春、たまが腎不全で入院、その時ついでにちびも病院に連れて行って、やはり腎不全の兆候があることを知りました。たまは、外観もすっかり「おばあちゃん」になり、後ろ足も傷めてしまったようで、「もう長くは無いかなあ」と心配しました。けれども適切な医療と気功治療の甲斐あって、すっかり良くなりました。
 ちびはたまより半年ほど後に来た子で、食欲も気力も充実、見た目も若くて私はすっかり油断していました。

 しかし、悪夢は昨年末にやって来ました。父が体調を崩し、病院通いが続いていたある日、餌皿が全く減っておらず、ちびがふらふらしながらこたつからでて来てトイレに行く姿を発見しました。忙しくてコタツに入っていた猫たちにまで気を配れなかったのが悔やまれました。たまはちび程ではなかったにせよ、やはりかなり悪い感じで、『これはただ事ではない!』と慌てて二匹を獣医さんに連れて行きました。
 ちびは腎臓機能の数値を示す血液検査の結果が相当悪く、即入院を勧められましたが、私は環境の変化によるストレスから更に悪化することを恐れて、皮下点滴だけをしてもらい家に連れ帰りました。が、ちびにとってはそんな環境云々を言っていられないほどの病状だったようでした。私は翌日入院させる決意をしました。
 ここから二匹の入院と通院の闘病生活が始まりました。たまは幸い年内にはかなり症状が好転し、毎日皮下点滴に通わなくてもよくなりました。しかし、問題はちびでした。ちびは二泊三日の入院後、数日通院入院で静脈点滴の治療を行ないましたが、然程改善せず、食事も取ろうとせずに、ミルクをわずかに口にするだけとなってしまいました。あれ程食欲旺盛で、私が食事をしていると、到底ちびが食べられない納豆のようなものであっても、そばに来てねだって仕方なかった、あのちびの食欲がぱったりとなくなってしまいました。

 獣医さんの話では、猫はある程度の年になると大抵腎臓がやられてしまうということです。たとえ外観がどんなに若くて元気であっても、猫は特に具合が悪いことを見せようとしない動物らしいです。
 シニアの猫ちゃんを飼っている飼い主さんたちへ、次の症状がでてきたら、要注意です。気をつけてあげて下さいね。
 ・水を多く飲むようになる
 ・おしっこの量が増える
 ・口臭がする
 ・やせてくる
 ・なみだ目、目やにが出る
 ・食欲が落ちる
 
 腎組織は一度破壊されると元には戻らないそうです。腎機能は血液検査で得られるBUN(尿毒症)数値、クレアチニン(腎障害の程度)の数値でその状態がわかりますが、猫ちゃんの場合、症状がでる時には、既に腎機能の50%以上は破壊されているとのことです。早期発見、早期対応が、愛猫の健やかな老後に、大きく影響するようです。
 私は、老猫の健康について、全く知識が欠けていて、知識不足と判断ミスから、何回も猫たちに可愛そうなことをしてしまいました。どうか、猫ちゃんを飼っている飼い主さんはそんなことがないように、7、8歳を過ぎる前に、血液検査や健康診断をしてもらった方が無難だと思います。猫ちゃんでも入れる保険があって、7、8歳までは入れるようですし、保険会社によっては14歳まで可能なものもあるようです。私もこのことをほんの少し早く知っていたら、もっと良い治療を受けさせられたかも知れません。そして、食事も腎臓に負担をかけない食事があるので、そちらをあげれば、少しでも猫ちゃんを健康に保ってあげられるようです。
 他の飼い主さんたちは、私のように後悔することがありませんように、願ってやみません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

◇ホットカーペットと化した私

051125_152602
 最近、朝胸苦しくて目が覚める。
 目を開けると目の前に写真のような光景が映じる。
 うちのチビがしっかと私の胸に乗っかっているのだ。
 夏には私に目もくれなかったうちのチビが、このところの寒さから人懐っこくなり、やたらと擦り寄ってくる。
 何のことはない、私はこいつの人間ホットカーペットと化してしまっている。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

◇わが家の猫たち 「ちび」

050514_214502
 今回はうちの次女「ちび」です。
 ちびとは名ばかりで、たまの倍はあるかと思う貫禄猫です。最近お年のせいか少し痩せてきて、普通の猫に戻りましたが、以前はお腹の肉が床につきはしないかと心配しました。

 15年前、私にとって運命的な日にこの子を拾いました。埼玉のとある公園を自転車で走っていたら、この子が私の方にまっしぐらに駆け寄ってきました。その日は梅雨の合間の晴れの日だったので、公園は人で一杯でした。にもかかわらず、この子は大勢の人の中で私めがけて走ってきたかのように、私の前でぴたりと止まりました。
 私は自転車を止め、迷いなくこの子を抱き上げ、家に連れて帰りました。
 この子は公園に捨てられていたので何でも選ばずに食べて繋いできたのでしょうか。たまと違って拾ってきたその日から何でもよく食べ、日に日に大きくなりました。長女のたまが食事をしていても、平気で割り込んで自分が先に食べてしまう逞しいヤツでした。
 この根性とは裏腹に、見た目結構かわいく美声なので、皆に可愛がられました。しかし、捨てられた時のトラウマか、愛情表現が苦手なのか、のどを撫でてやってゴロゴロとのどを鳴らしながらも、隙を見せるとガブッと噛み付いてくるんです。やれやれ・・・
 でもまた、粗相をしたりして叱っても、一瞬シュンとはするものの、次の瞬間には忘れてまた猫なで声で寄ってくるので、つい可愛くなって許してしまいます。得なヤツです。
 たまは人に気を遣ったりと、どこか人間くさいところがありますが、こいつは全くの猫だなあと思います。食べる、寝るといった本能に忠実。思うが侭に生きているといった感じ。そのせいかどうか、たまと同い年位なのに、見た目全然若く、至って元気です。
 人は「腹八分目」が健康で長寿に良いと言いますが、うちの猫たちを見ている限り、それはあてはまらないなあと思います。だって、少食のたまはどこから見てもおばあちゃんという感じですが、大食漢のちびはまだ子猫が産めそうな位、若々しくて元気!思う存分好き勝手やって、ストレス貯めないのは、やっぱり健康にいいんだよなあと、飼い主の自己チューな性格を刺激します。
 
 050528_122401
 ちびは毎晩私の枕元で寝ています。時々息苦しくて目が覚めると、ちびが上の写真「お腹に乗っかるの図」のように私の上に乗っかって、じいーっと私の顔を覗き込んだりしています。寝坊すると、トイレの砂をホジホジした前足で、パンチを食らわしてきたりもします。
 眠るのが好きで、左のような寝姿で、「一緒に寝ていたい」という気持ちにさせて、出勤前の飼い主の気持ちを挫きます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)