« ソマリア近海で日本船乗っ取られる | Main | やってくれたぜ!英霊来世!! »

小沢氏、辞任?

小沢氏、党代表辞任を表明 「中傷報道に強い憤り」 (Sankei 2007.11.4 17:01)

 民主党の小沢一郎代表は4日、東京・永田町の党本部で記者会見し、代表を辞任する意向を表明、辞表を鳩山由紀夫幹事長に提出したことを明らかにした。辞任の理由について小沢氏は、2日に福田康夫首相が提案した連立政権に向けた自民党との協議について、民主党役員会で反対されたことを挙げ、「政治的混乱が生じた。私が選任した党役員から不信任を受けたに等しく、けじめをつける」と述べた。

 民主党執行部は5日に緊急役員会を開き、対応を協議する。鳩山氏は4日夜、記者団に「慰留に努める」と述べたが、同党の動揺拡大は避けられない情勢だ。

 小沢氏は会見で、代表個人として、福田首相からの連立政権協議の提案を受け入れる意向だったことを明らかにし、その理由について、安全保障政策で「福田首相が極めて重大な政策転換を決断した」と述べた。

 具体的には、首相が(1)自衛隊の海外派遣は国連決議を受けて発足した組織への参加に限る(2)大連立が実現するなら新テロ対策特別措置法案の成立にこだわらない-ことを確約した、と説明した。

 小沢氏は、「(福田首相の判断が)無原則な安保政策を根本から転換し国際平和協力の原則を確立するだけに、政策協議を開始するに値すると判断した」と強調。「民主党は力量不足で、衆院選の勝利は大変厳しい。政権の一翼を担い政権運営の実績を示すことが、民主党政権実現の近道だと判断した」とも述べた。

 小沢氏はまた、「わたしの方から連立をもちかけたとか、全くの事実無根だ」とマスメディアの報道を強く批判。今後については、「離党するとはいっていない。一議員となっても次の総選挙に全力投球する決意は変わらない」と述べた。 

 -------------------

 小沢氏の突然の辞任表明。

 有権者からは「無責任」「理解できない」という声が上がっているそうです。

 「壊し屋」という異名を持つ小沢氏。この際、民主党の保守勢力を率いて、「新生民主党」でも建党してくれれば、それはそれで良いのかとも思います。

 二大政党制。結構ですが、それはあくまで保守系二大政党であって、自治労出身のわけの分からない新人議員諸氏や左派勢力の関わる保革二大政党ならば、パスです。

 小沢氏の政治、意図するところはどこにあるのか、少しの期待をもって見極めたいところです。

 ・・・が、一方で福田総理。

 「小沢氏は会見で、代表個人として、福田首相からの連立政権協議の提案を受け入れる意向だったことを明らかにし、その理由について、安全保障政策で『福田首相が極めて重大な政策転換を決断した』と述べた。」という報道がありました。

 具体的には、「自衛隊の海外派遣は国連決議を受けて発足した組織への参加に限る」、「大連立が実現するなら新テロ対策特別措置法案の成立にこだわらない」と、この2つを確約したということです。

 これが事実なら、このことが日本の国益に利する結果となるのか、日本はまた大きな不安材料を抱えた気がしてなりません。 

|

« ソマリア近海で日本船乗っ取られる | Main | やってくれたぜ!英霊来世!! »

日本」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 小沢氏、辞任?:

« ソマリア近海で日本船乗っ取られる | Main | やってくれたぜ!英霊来世!! »