« 中国発環境破壊・その2 | Main | 日本は呑まれるか・・・中国の太平洋戦略 »

中華航空機炎上事故・・・各紙の報道

 昨日、那覇空港で中華航空機が炎上するという事故が起こりました。

 幸い、乗客、乗員は全員避難した後で、難を免れましたが、朝から爆発炎上する台湾の航空機の映像がニュースで流れたのはショックでした。

 その後、事故の原因究明がなされているようですが、こうした事故のニュースひとつにも、各紙の主義と個性が反映して不愉快というか、興味深いなと感じました。

 以下、宮崎正弘氏のコメントです。

 -----------

 ちなみに毎日新聞の社説は『旅客機炎上 小さな事故の芽も見逃すな』で、表題には中華がない。日経新聞も『間一髪の航空機炎上 空の安全再点検を』とあるだけ。台湾の航空機を「中華」とだけは呼びたくない、表題につけたくない心理が作用しているのでしょうか。
 一方、読売新聞は『中華航空機炎上 間一髪、大きな惨事は免れた』。産経は『中華航空機炎上 再発防止へ原因究明急げ』、おなじく東京新聞も『中華航空機炎上 幸運で済ませられない』。
 ところが、親中派の代表格である朝日新聞だけは「台湾機炎上―大惨事へ間一髪だった」となっていて、「台湾機」と明示して、中国でないことを奇妙に印象付けようてとしている。
 マインドコントロールはいまだ大新聞にも及んでいます。

 ----------

 見出しひとつでこの騒ぎですから、普段の報道姿勢、ニュースの選択が、いかに偏ったものかを自ら証明していますね。

 何が怖いのでしょうか?

 何の利益があるのでしょうか?

 李登輝氏の来日の時には、取材に来たA紙記者達までが、李登輝氏の演説に拍手喝采していたというのに。

 こうやって、大事なものを日本は失っていくのではないでしょうか。

|

« 中国発環境破壊・その2 | Main | 日本は呑まれるか・・・中国の太平洋戦略 »

台湾」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 中華航空機炎上事故・・・各紙の報道:

« 中国発環境破壊・その2 | Main | 日本は呑まれるか・・・中国の太平洋戦略 »