« 明日の「いつみても波瀾万丈」に金美齢さんが出演 | Main | パリス・ヒルトン報道、キャスターが読み上げ拒否。さて日本は・・・? »

久間防衛相、原爆「しょうがない」発言を撤回

Umi  久間防衛相が陳謝 原爆「しょうがない」発言

 久間章生防衛相は1日昼、長崎県島原市内で記者会見し、原爆投下を「しょうがない」と発言したことについて「被爆者を軽く見ているかのような印象に取られたとすれば申し訳なかった。これから先は講演で言ったような話はしない」と陳謝し、発言を事実上撤回した。

 同日朝のフジテレビ番組では「そんなような内容(の発言)ではない」として引責辞任や発言の撤回、訂正を行う考えはないことを強調していたが、与党幹部から同日午前「私の認識とは違う。誤解を招いたのであれば、きちんと釈明して、謝罪すべきところは謝罪した方がよい」(中川昭一自民党政調会長)などと、批判が相次いだのを受け軌道修正したとみられる。

 中川氏のほか、公明党の斉藤鉄夫政調会長も1日午前のテレビ朝日番組で「閣僚としてあってはならない発言だ。もし原爆がしょうがないという文脈で言ったのであれば、国民の神経を逆なでする話だ」と批判。高木陽介公明党広報局長も別の番組で「とんでもない発言。例としても不適切だ」と指摘、何らかのけじめが必要だとの認識を示した。

 野党側も「どんな事情があっても原爆投下は正当化されない」(松本剛明民主党政調会長)、「あまりに非常識な暴言だ」(小池晃共産党政策委員長)などと批判。社民党の阿部知子政審会長は久間氏の辞任を求めた。

 久間氏は朝の番組で「原爆投下する必要はなかったというのは会場でも言っている」と強調。「過去のことをああすればよかったと今言ってみてもしょうがないという思いで言った」と釈明していた。(イザ!7/1)

 --------------------

  よくもまあこの時期に参院選に不利となる材料をと呆れていました。

 TBSの例の石原都知事に対してよく使っていた、発言を細切れにして「誤解」を与える報道のやり方とも思い静観していましたが、やはり防衛相という立場の閣僚らしからぬ発言だと思います。

 多分にマスコミがオーバーに報道していることはあるでしょうが、これまで柳沢厚労相や故松岡農水相の前例を見ているでしょうし、全く無自覚としか言いようがありません。それでなくとも組閣当時から各社マスコミは安倍氏周辺のスキャンダル、粗探しに、百名近くの記者を増員しているのです。安倍首相が行おうとしている改革は、マスコミにとっても余程都合の悪いものであるようです。

 国会で懸念の法案を通した後、参院選目前の時期です。マスコミ、野党はまたこぞって久間大臣の引責辞任と安倍首相の責任を追求し、参院選を自民党敗北へと導きたいのでしょう。安倍首相は余程部下運に恵まれないのかと心配してしまいます。

 (どうしたわけか、このあとに書き込みした記事がアップと同時に消えてしまいました。(ToT) また、書き込みする気になったら追加書き込みします。ぐったり・・・)

|

« 明日の「いつみても波瀾万丈」に金美齢さんが出演 | Main | パリス・ヒルトン報道、キャスターが読み上げ拒否。さて日本は・・・? »

日本」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 久間防衛相、原爆「しょうがない」発言を撤回:

« 明日の「いつみても波瀾万丈」に金美齢さんが出演 | Main | パリス・ヒルトン報道、キャスターが読み上げ拒否。さて日本は・・・? »