« 李登輝前総統、靖国神社を参拝 | Main | 李登輝前総統、中国人暴漢に襲撃される »

李登輝前総統講演、「2007年とその後の世界情勢」

070607_183101  昨日6月7日、ホテルオークラにて李登輝博士による講演会が行われました。テーマは「2007年とその後の世界情勢」、1400名以上の聴衆が駆けつけ、氏の講演に聞き入りました。

 講演には、国会議員、著名人の方達もたくさん訪れました。確認できただけでも、平沼赳夫氏、塩川正十郎氏、小田村四郎氏、中川昭一氏、西村眞悟氏、黄文雄氏、黄昭堂氏、許世楷氏、金美麗氏、櫻井よし子氏、加瀬英明氏、大宅映子氏、日下公人氏、ペマ・ギャルボ氏と、多くが来場され、また、日本全国から駆けつけた大勢の来場者の方々の姿がありました。

 講演の主旨は、大体以下のようです。

 世界情勢の基調は、米国がイラク戦争で泥沼に落ち入り、その隙間をぬって中国、ロシアが台頭してくる。米国は国際的な政治力を後退させ、2008年に選出される新大統領が、この停滞期を脱しようとするまで、米国の政治的影響力が抑えられた状態が続くだろう。ブッシュ政権の弱体化によって、ベネズエラからアジアにおいて、侵略的な行動を起こす国が出現する危険性がある。

 米国がイラクとの泥沼の戦いの中、中国とロシアが政治的パワーを拡大、東アジア各国は選挙の年を迎え、内政に焦点が移るだろう。
 ロシアは米国に余力がないことを見通し、資源をテコに旧ソ連圏の恢復を目論見、ウクライナ、ベラルーシに介入した。

 一方、 中国経済は経済危機直前の様相を呈し、GDPの40-60%もの不良債権は、96年、台湾の金融危機、97年のアジア通貨危機を上回る規模の危険性を含み、回避できないだろう。中国の経済金融政策は失敗している。

 韓国は12月、新大統領が誕生するが、ノムヒョン大統領はそれまでに北朝鮮と更に緊密な関係を推し進め、韓国軍との修復も図るだろう。野党ハンナラ党が勝利すれば、米国との関係修復は可能だが、ノムヒョンは朝鮮半島の歴史に名を残すため、今年下半期に南北会談を実現させるだろう。

 台湾は年末に国会議員選挙、2008年3月には総統選を迎えるが、中国は国民党に対してのみ影響力を浸透しようとするのではなく、民進党にも浸透させようとするだろう。

 ベトナムはWTO加盟のため人事刷新を行い、上層部権力構造を変革するだろう。

 中国の金融危機は救いようがない。発表される経済データではなく、社会・政治の混乱がデータの裏にある真相を示している。現実には中国から金が海外へ流出している。反面、香港などから投機用の金が流入しているが、外資は減少傾向である。宇宙開発、オリンピック、日本の歴史教科書への介入等は、国内の都市と農村の格差是正、農民暴動に対応できないことからの行動であり、こうした危機回避努力が続くだろう。

 そして、今後米中間の太平洋制海権の争奪戦が激化するだろう。台湾の危機を避ける鍵は米国と日本である。中国は台湾の選挙において国民党の勝利を望んでいるが、民進党にも影響力を広げている。米国は一時的に東アジアにおいて主導権を失うが、新しい政治周期を迎える2009年から力の恢復の必要性に迫られる。
日本は靖国問題等で北京に白旗を掲げるのではなく、中国と対等な力を保持する努力をしなければならない。

 それから、質疑応答において、櫻井よし子氏が中国のこれまでの日本に対する矛盾した行動発言の数々(靖国問題一つにしても、「A級戦犯」合祀の当時は反対もせず、防衛費をGNPの2%まで上げろと言っていたにも関わらず、今日の言動があることなど)を挙げ、中国の目指すものは一体どこにあるのか、日本が中国へどのように対応すべきかを質問しました。

 李登輝前総統は、これについて、中国は「輪廻」のように、発展、衰退という循環を繰り返している社会であり、その循環から抜け出すことを日本が教えてあげることが平和への道であり、台湾は民主化を伝えることができる、と答えました。また、日本人は、日本人的価値観で中国を見ており、それでは真の中国はわからない、中国文化に60年浸った台湾人の声を参考にすべきだとも語られました。

 この後、前日のブログに書き込んだように、靖国参拝のエピソードが語られました。

 そして、講演会終了後、歓迎レセプションが盛大に行われたそうです。私は所用のため参加できませんでしたが、参加した方の報告では大いに盛り上がった様子です。

 李登輝氏に一目会いたくて地方から出てこられた方も大勢いらしたそうです。李登輝氏は日本で本当に人望、人気があるのだなあと改めて実感しました。

|

« 李登輝前総統、靖国神社を参拝 | Main | 李登輝前総統、中国人暴漢に襲撃される »

台湾」カテゴリの記事

Comments

李登輝氏講演は非常に内容が濃かったですね。私も行きました。

私はこのブログの他にこちらも持っています。昨日の見送り時の事も書いています。

よかったら遊びにきてください。

http://blogs.yahoo.co.jp/chibanittai

Posted by: ニャンコ | June 10, 2007 08:49 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 李登輝前総統講演、「2007年とその後の世界情勢」:

« 李登輝前総統、靖国神社を参拝 | Main | 李登輝前総統、中国人暴漢に襲撃される »