« 慰安婦決議採択をめぐって | Main | 社会保険庁、今度は職員が年金横領ですか »

MSNニュースポータルを毎日から産経へ

Suikanohama 産経新聞グループ、マイクロソフトと提携 MSNでニュースサービス

 産経新聞グループは27日、マイクロソフト(MS)と業務提携し、今年10月1日に共同ブランドの新たなニュースサイト「MSN産経ニュース」を立ち上げると発表した。新サイトは、産経新聞グループのデジタル戦略会社、産経デジタルが運営する産経新聞の公式ウェブサイト「Sankei WEB」(http://www.sankei.co.jp)を発展成長させる形でMSのポータルサイト「MSN」のニュースサービスと統合する。

 現在のMSNのニュースサイト「MSN毎日インタラクティブ」は9月末でサービスを終了する。

 提携は、両社のコンテンツや技術力、ノウハウを融合することで、質の高いニュースサービスを提供するのが狙い。産経デジタルが24時間体制で編集を担当し、広告営業は主にMSが行う。産経デジタルが運営する「iza(イザ!)」「SANSPO.COM」「ZAKZAK」などの各サイトは、10月以降もこれまでと同様、独立したサービスを続ける。

 MSは平成16年から、毎日新聞社と提携してニュースサイトを運営してきたが、9月で提携を解消する。

 今回の提携に関し、米マイクロソフトのスティーブ・バーモス副社長は「(提携によって)最良のネット環境を提供し、ユーザーの期待に応える取り組みを一層強化できる」と述べた。また、産経新聞社の名雪雅夫常務は、「インターネットを報道機関にとって最も重要な媒体の一つとして位置づけ、社の体制などで大胆な改革を図る。目指すのはナンバーワンのニュースサイトになること」と、意欲を示した。 (2007/06/27 14:06)

 -------------------

 産経新聞、日本各紙の中で一番WEBに力を入れていて、頑張っているなあという印象でお気に入りでした。昨年6月からはブログとの融合メディア、「イザ!」を立ち上げ、最近はトランスコスモスなどと「3-D仮想世界」の事業を準備するなど、WEB事業に力を入れてきましたが、今度はマイクロソフトと事業提携。今後どのような展開になるか楽しみでもあります。

 今まで、何でMSNが「GAKKAI」と、いや、間違えました、「SOREN」と、いやまた違いました、「MAINICHI」のニュースを配信しているのかなと思っていましたが、これからは安心して読める「Sankei」となったので良かったです。

 でも、マイクロソフトは以前に中国で政府のブログ検閲に協力していたことがありましたっけ。フランスのAFP通信が、「中国語版のMSNスペースでは「民主主義」、「人権」、「台湾独立」といった言葉が投稿できない」と報じたこともありました。

 産経さんだから、大丈夫ですよね?

 話は飛びますが、最近、当ブログに、いかがわしいサイトのTBがついたり、怪しい英文のコメントがつくことが増えました。そういうものはこちらで削除していますが、台湾関係、中国関係の記事につくことが多いです。

 気持ち悪いので、中国で検索されないようにブロックをかけましたが、英文のコメントは減ったものの、日本語のいかがわしいTBは相変わらずついています。

 皆様もお心当たりのある方はお気をつけ下さいませ。

 ではでは。。。m(_ _)m

 

|

« 慰安婦決議採択をめぐって | Main | 社会保険庁、今度は職員が年金横領ですか »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference MSNニュースポータルを毎日から産経へ:

« 慰安婦決議採択をめぐって | Main | 社会保険庁、今度は職員が年金横領ですか »