« 日本の文化人宣言、AFPより仏全メディアに | Main | 「慰安婦非難決議」、26日にも米下院で採択か »

中国発環境破壊

Smallimg2  中国産ピーマンから基準値超える殺虫剤、厚労省が検査命令

  冷凍食品用の中国産ピーマンから殺虫剤のピリメタニルが基準値を超えて検出されたとして、厚生労働省は20日、食品衛生法に基づく検査命令を出した。

 同省のモニタリング検査で同様のケースが2度にわたり見つかったことを受けた措置。これにより、当面の間、中国産ピーマンは、ピリメタニルの残留を調べる検査に合格しなければ輸入できなくなる。

 同省によると、今年1月、兵庫県の業者が輸入した冷凍食品のピーマン(約8トン)からピリメタニル0・04ppm(基準値0・01ppm)が検出され、今月11日には、東京都の業者が輸入した冷凍食品の赤ピーマン(11トン)から同じ農薬が0・02ppm検出された。

 中国産の食品では、現在、ホウレンソウ、シジミ、鶏肉など計42品目が検査命令の対象になっており、各輸出国の中で最も多い。昨年5月から、食品の残留農薬・抗生剤の規制対象を強化した「ポジティブリスト制度」で基準値が厳しくなったことも影響している。

 中国産ピーマンは今年に入り、計約4800トンが輸入されている。同省食品安全部は「残留農薬が基準値を超えた食品を一度食べたからといって健康被害が出るわけではないが、問題ないと確認されるまで、検査を強化する」としている。(2007年6月20日22時46分  読売新聞)

 -------------------

 また中国からの輸入野菜のトラブルの話です。数年前にもほうれん草などが話題になり、つい先ごろは中国から輸入した原材料を使ったかぜ薬やぺットフード、歯磨き粉が被害を出したばかりでした。この業者、日本のTV局からの取材電話に、一瞬非を認めたものの、「野菜を植えれば虫が出るのは当たり前、農民が全部を駆除することができないのだから農薬を使うのは当然」と逆に日本批判をはじめたらしいです。

 因みに、私は自分で把握できる限りにおいて、口に入るもので中国産は絶対に買いません。中国で生活した体験から、中国人の平均的なモラルや衛生観念が信用できないからです。約20年前でしたが、外食する時は、例え一流ホテルであろうが、場末の屋台であろうが、アルコール脱脂綿ではしやお皿を消毒してから使いました(これで全て除菌できるわけではなく、まあ、気休めみたいなものですが)。これは、現地の中国人からアドバイスされて始めたことです。中国人自身が中国人を信用していませんでした。

 今はどうかと言うと、状況は更に悪化する一途のようです。

 中国「食」の不安拡大・・・紙ナプキン ごみ流用 ようじ回収、再包装 (低品質のナプキンに回収したゴミを漂白したものが流用されていた。大腸菌や結核菌、肝炎ウイルスなどが検出されたというニュース)

 「ラーメン臭くて食えん」怒りが中国を動かした (アオコの異常発生で太湖を水源とする水道水が異臭を放ち、市民はパニックに)

 下水油ラーメン・・・下層直撃、中国「食の危険」 (中国製即席ラーメンを食べた学生2人が中毒死。そのラーメンが、俗に「下水溝油」と呼ばれる質の悪い油で作られた可能性が指摘された)

 米 豚肉の流通禁止中国産汚染飼料食べ (米国で化学物質が混入した飼料を食べた豚の一部が食品として流通していた可能性があると発表、問題の飼料は中国から輸入した米グルテン(米タンパク質濃縮物)が原料だった)

 中国、がん死因1位 環境汚染が影響? (中国医学科学院腫瘍研究所員はがんの急増の3大原因として(1)空気、水などの環境汚染、特に地下水汚染(2)食品汚染(3)細菌・ウイルスの増加-を指摘。水質汚染が深刻な中国東部の別名「がん村」では、1990-2004年までの死者数の54%ががんだった。)

 上記はほんの一部、ちょっと検索しただけでも数え切れない件数がヒットします。

 先日のペットフード事件は米国は「故意では?」と疑問を呈していたようですが、その是非はともかく、中国ではこうしたことは日常茶飯事で、海外で発覚したことは氷山の一角。

 上海などの都市に観光旅行に行き帰国した人達の中で、帰国後何日経っても下痢や喉の痛み、頭痛が取れないと訴える人がいました。数日滞在しただけでも影響あるならば、そこで暮らしている人達の日常的ストレスが如何ほどかは、推して知るべしです。

 先日、ある中国人から、中国では医療においても、医薬品の不良品、ニセモノが流通し、医者すら処方する薬の信頼性がわからないまま使っているということを聞きました。まるでロシアンルーレットです。

 中国は90年代から急速に発展し、オイルなどのエネルギーの消費も急速に伸びました。中間層はマイカーを持ち、クリーンなエネルギー手段(^^;)の自転車は排気ガスを噴出す車へと変わりました。加えて木材伐採で、空気は浄化されずに、排ガスなどに含まれる窒素酸化物(NOx)は光反応によって「光化学オキシダント」(オゾンやアルデヒドなど)を生成し、中国東岸から流西風に乗って、北部九州から東日本の広い範囲に流れて来ていると言います。中国で作られた汚染物質によって、日本が被害を受けているわけです。

 中国は消費の必要からエネルギーを求めて、スーダン、アンゴラ、ナイジェリアなどのアフリカ諸国、ラテンアメリカ、南アジアへと進出し、なりふり構わずエネルギーを持ち帰ります。その際には、スーダンのダルフール虐殺を支援するようなこともあるわけです。エネルギー争奪戦では日本は破れ投資上で被害を被った上、国内では環境破壊の被害を・・・。

 誰か、中国を止めないと、日本ばかりか世界中が大変なことになる!!

 日本はかつてのオイルショックの教訓から、省エネの技術は世界でトップレベルとなりました。中国のように足りないオイルをかき集めてがぶ飲みするような使い方はせず、少ない量で有効に使えるようにと関心が行き、環境にも配慮する方向へと技術は向かいました。

 中国は日本の環境技術がのどから手が出る程欲しいはずです。仮に今、幹部達がそこまで意識が行かなくとも、近い将来必ずそうした局面にぶつかる時が来ます。日本は環境省エネ技術を戦略資源に、中国と渡り合っていけると思います。それが日本にとっても、世界にとっても良い結果をもたらすこととなると思います。

 

|

« 日本の文化人宣言、AFPより仏全メディアに | Main | 「慰安婦非難決議」、26日にも米下院で採択か »

中国」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 中国発環境破壊:

« 日本の文化人宣言、AFPより仏全メディアに | Main | 「慰安婦非難決議」、26日にも米下院で採択か »