« ◇ちびの置き土産 | Main | ◇皇室典範改定反対国民大会 3月7日に武道館で開催 »

◇『漫画 台湾二二八事件』日本語版出版

 先日の二二八事件の追記です。
 産経新聞に以下のような記事が載りましたのでご紹介します。

【台湾有情】連行された父  産経新聞 2006年2月2日

 「美姝(みす)のかわいらしきこと夥(おびただ)しい。形容のしようがない」。阮(げん)美姝さん(78)は二十年ほど前、国民党軍兵士に一九四七年に突然連行されたまま生死も不明だった父親の日記を見つけて、泣き明かした。
 戦前から台北で新聞社を経営していた父親の阮朝日氏(連行当時四十六歳)の容疑は「新聞社を利用した非合法活動」。美姝さんがコツコツ調べた結果、朝日氏は連行の数日後、取り調べも裁判もないまま山中で無残に殺害されていた。
 台湾を戦後占領した国民党政権が戦前からの知識人や大衆の反発を恐れて、四七年二月二十八日に起きた騒動に端を発して無差別弾圧した「二二八事件」。死傷者数は少なくとも数万人に上る。福島高商(現福島大)卒の朝日氏もその一人だった。
 日記を読み進むほどに、日本と台湾と家族をこよなく愛し、厳正中立だった父親の姿が克明に浮かび上がってきた。
 その父親をいわれなき罪で奪われた無念さにどう立ち向かうか。美姝さんは事件に関し詳細な調査を積み重ねてきた。
 知り得た事実を日本の若者にも語り継ごうと、美姝さんは日本語とマンガで描いた「漫画台湾二二八事件」(まどか出版)を二月三日に日本で出版する。
 「日本人にこそ、この事件を知ってほしいと父も願っています」と話す美姝さんの瞳は少女のように輝いていた。

阮美姝原作、張瑞廷画『漫画 台湾二二八事件』
 まどか出版(A5変型判・160頁・並製・定価1200円+税)

*帯書きは岡崎久彦氏(日本李登輝友の会副会長)。

阮美姝著『台湾二二八の真実-消えた父を探して』
 まどか出版(四六判・256頁・上製・定価2000円+税)

*序文は李登輝前総統

|

« ◇ちびの置き土産 | Main | ◇皇室典範改定反対国民大会 3月7日に武道館で開催 »

台湾」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ◇『漫画 台湾二二八事件』日本語版出版:

« ◇ちびの置き土産 | Main | ◇皇室典範改定反対国民大会 3月7日に武道館で開催 »