« ◇『漫画 台湾二二八事件』の著者を招いて            新日台交流の会定例会 | Main | ◇『漫画 台湾二二八事件』日本語版出版 »

◇ちびの置き土産

eyes0372
 可愛がっていた猫を失い、気持ちの上での変化を感じる。
 普段当たり前のようにいた存在がないということは、なんと頼りなく寂しいものだろうか。
 悪戯もし、手がかかった子ではあったけれど、良かったことも悪かったことも含めて、その存在と記憶全てが愛しいと感じる。
 同様に、日常を取り巻くあらゆること、そうしたことがもし失われたら、やはりどんなに寂しいかと思う。
 嬉しい、楽しいことは勿論、腹が立つことも、嫌なことも、失われてしまうことを思うと、喜、楽の感情も、哀、怒の気持ちも、そうした気持ちを感じることのない生活よりは、現状がどんなに幸せかと思う。
 
 ふと、世の中で一番嫌いな人のことを思った。
 もしその人が失われたら・・・。

 急に愛着すら感じて、その人との縁に感謝したい気持ちになった。
 少し優しくなれた。
 
 ちびの置き土産に感謝。 

|

« ◇『漫画 台湾二二八事件』の著者を招いて            新日台交流の会定例会 | Main | ◇『漫画 台湾二二八事件』日本語版出版 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

ちびさんのご冥福をお祈り致します。

Posted by: もぐすけ | February 05, 2006 07:30 PM

もぐすけさま、コメントありがとうございます。
早いもので、逝ってしまってからちょうど2週間になりますが、もう大分前のことのようにも感じられます。
ひとり(一匹)残された「たま」は大分寂しがり屋になってしまって、夜啼きしています。やはり、本当にもうここにはいないのだと、成仏してくれたのだと思います。

Posted by: ちびたま | February 06, 2006 10:17 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ◇ちびの置き土産:

« ◇『漫画 台湾二二八事件』の著者を招いて            新日台交流の会定例会 | Main | ◇『漫画 台湾二二八事件』日本語版出版 »