« ◇台湾は中国領ではない | Main | ◇李登輝氏 「世紀の饗宴」 »

◇台湾の「対日姿勢」に微妙な変化?

 先日、10月23日付の台湾紙「自由時報」に、「李登輝友の会」の『日台共栄』10月号掲載の小田村四郎会長(前拓殖大学総長)の巻頭言、「台湾はいつ日本と戦争したのか」が掲載されました。
 このところの日本を巡る台湾での微妙な変化ではと気になりました。上記「日台共栄」のメルマガの内容を以下に転載させていただきます。

 【巻頭言】台湾はいつ日本と戦争したのか     本会会長 小田村四郎
 盧溝橋事件勃発記念日に当る七月七日、連戦国民党主席(当時)は談話を発表し、「抗日戦争」は「全国同胞の覚醒と奮起によるものであり、……戦争を振り返ることで悲痛な歴史を知り、……決してそれを忘れることはでき」ない、と述べた。驚くべきことに陳水扁総統までが同日、中部地区での演習視察後の昼食会で、「今年は『抗戦勝利六十周年』に当る。我々はここに、敵と戦つた軍のすべての英雄たちの犠牲的精神に対し、最高の敬意を表したい」と挨拶した。 
 この報道を見て、私は異様な違和感を覚えた。我々は蒋介石率ゐる国民政府と戦火を交へたが、台湾国民と戦争した覚えはない。否、台湾島民こそ我々と同じ日本国民同胞として共に敵と戦つた「戦友」だつた。不幸にして散華された約二万八千柱の台湾英霊は、内地人戦死者と等しく靖國神社に合祀され、日本国民は日夜感謝の祈りを捧げてゐる。
 にも拘らず連戦氏はシナ大陸人民を「同胞」と呼び、台湾人の敵だつた国の戦争を自国の歴史と称し、陳水扁総統までがこれに同調する。
 台湾が独立主権国家であることは厳然たる客観的事実である。しかし台湾国民自身が自国の版図をどう考へてゐるのだらうか。もし四百余州、蒙古、西蔵まで領土だといふのなら、日本を含めて全世界が相手にしないだらう。李登輝前総統が「新台湾人」を主唱し、「正名運動」を主宰し、「台湾人のアイデンティティ」確立を叫ばれることに耳を傾けて欲しい。
 このやうな台湾人の独立意識の曖昧さこそ台湾併呑を狙う中共の思ふ壺である。石平氏が「動き出した『大陸・台湾反日同盟』の仕掛け人」(「正論」十月号)で警告された通り、胡錦濤は九月三日、人民大会堂で国民党の抗日戦での功績を高く評価したといふ(九・一九産経)。「中国人意識」の亡霊を一掃することこそ台湾の急務と思ふ。


 台北市長、国民党党首の馬英九は、もともと反日感情の強い人物だったので、「またか!」というのがありますが、陳総統の発言は一体どうしてしまったのでしょうか。信じたくはない話です。
 中国は、1992年、一方的に「領海法」を作り、尖閣諸島、南沙諸島、西沙諸島、その他を全て中国領だと宣言しました。尖閣諸島周辺は、日本の生命線であるシーレーンがある地域です。台湾にとっても然りです。この大事な時に、日本より小国である他のアジア諸国が「たとえ敗北しても戦う」と厳重に抗議したのに対し、日本は口頭で抗議するのみにとどまりました。
 台湾では、かつて誇り高く強かった日本を知っていた人達からは、ここ何年も続いている日本の「媚中」的態度、体たらく、に失望、怒りの声すら上がっています。
 対中国ということを考える時、日本の国益は台湾との友好関係なしには考えられません。
 中国の一省となる覚悟があるならばこのままで良いでしょう。しかし、それを望まないのであれば、日本はもっと毅然と、特定アジアに対しても、「本当の正しい歴史」を主張していかなければならないと思います。

 以下、「自由時報」に掲載された中国語記事も紹介いたします。

 日本不是台湾的敵国
                          前拓殖大学総長 小田村四郎
                         (原文日文、中文翻訳 林建良)

 七月七日盧溝橋事件記念日、連戦国民党党主席(当時)発表声明説、「抗日戦争讓全国同胞覚醒奮発、我們絶対不能忘記」。採取與中国同様的「抗日」論調的連戦、讓我更清楚何以他自称是「純種的中国人」。

 而讓我大吃一驚的是連陳水扁総統也在同日視察中部地区的演習之後説、「今年是『抗戦勝利六十周年』、我們要向與敵軍戦闘過的英雄們表達最高的敬意」。看了這個報導、讓我有非常異様的感覚。日本的確與蒋介石的国民政府交戦過、但日本在二次大戦時並没有與台湾戦争過。更精確地説、当時的台湾人與日本人同為日本的国民、是同胞也是一同與敵軍作戦的戦友。当時不幸戦亡二万八千的台湾英霊與日本内地的戦亡者同様、被奉祀在靖國神社、日本国民對其深深感謝並日夜祭拜。

 連戦将中国人稱為「同胞」、把中国的歴史当做自己的歴史、是企図把台湾当為中国一部分、以正当化中国併呑台湾。而居然陳水扁総統也發此論調、身為台湾的国家領導者、此等歴史認識的錯乱令人不解。

 台湾是独立主権的国家、這是個厳然的客観事実。但是台湾国民自己有没有想過自国版図到何処?如仍公称包括中国、蒙古、西蔵都是所謂「中華民国」的版図、那麼包括日本的国際社会都会對台湾不屑一顧。李登輝前総統提倡「新台湾人」的観念、並推動「正名運動」、期望以此確立台湾人主体意識的努力、陳水扁総統是不是多少也要配合一下、並謙虚地聴聴這些正論。

 台湾人的独立意識曖昧而不清楚、讓全世界分不出台湾與中国到底有何不同?而這種曖昧的態度却也助長了中国企図併呑台湾的野心。在日中国人石平所寫的論文「推動『中国・台湾反日同盟』的黒手」(「正論」十月号)已有所警告、胡錦濤於九月三日在人民大会堂讚揚国民党抗日戦争的功績、正是「国共同盟、反台反日」的一環。

 台湾要確保自己的主権独立、最重要的的要務是是不是應該先一掃台湾国内的「中国人意識」的亡霊?

|

« ◇台湾は中国領ではない | Main | ◇李登輝氏 「世紀の饗宴」 »

台湾」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ◇台湾の「対日姿勢」に微妙な変化?:

« ◇台湾は中国領ではない | Main | ◇李登輝氏 「世紀の饗宴」 »