« ◇わが家の猫たち 「ちび」 | Main | ◇信じられない!扶桑社教科書採択への妨害運動 »

◇孫文の名前の由来は日本にあった

sakura
 中国大陸、台湾の両方から「国父」として、今も尊崇を受けている孫中山(孫文)。この孫中山(孫文)の「中山」の由来が日本にあったということを知る人は意外と少ない。

 革命家としての30年のうち、のべ約10年を孫文は日本で過ごし、その間、多くの日本の志士と友情を結んだ。

 19世紀末の清国は、600万人足らずの満州人が政府高官や軍幹部を独占して、4億人の漢民族を支配する専制国家であり、200年の泰平に馴れて、政府は腐敗しきっていた。孫文は日本の明治維新をモデルに、漢民族による近代的独立国家を作ろうと、「滅満興漢」を掲げて、1895年(明治28年)広東での最初の武力蜂起を行うが、失敗、海外に身を隠した。

 この孫文に注目したのが、日中提携によるアジア独立を目指していた宮崎滔天であった。滔天は、横浜に潜伏していた孫文を見つけ出し、語り合った。

 支那四億万の蒼生(人民)を救ひ、東亜黄種(アジア黄色人種)の屈辱を雪(そそ)ぎ、宇内(天下)の人道を恢復(回復)し擁護するの道、唯(ただ)我国の革命を成就するにあり

 と述べる孫文の悲壮の語気に、滔天は、

   誠に是(これ)東亜の珍宝なり。余は実に此時をもって彼に(心を)許せり。

 と後に記している。
 孫文もまた初対面の滔天の印象を「他人の急を救わんとのこころざしやみがたき…現代の侠客」であると評した。

 宮崎滔天を通じて、孫文は日本の政府高官や志士達に紹介され、人脈を築いていく。後の政友会総裁、首相の犬養毅、アジア各国の独立を支援した頭山満などの知己を得た。

 この頃から、孫文は「中山」と号するようになった。日比谷公園近くの中山忠能公爵(明治天皇のご生母・中山慶子の父)邸の前を通ったとき、その表札を見てつけたという。
 この号が、今や台湾の大通りの名になり、また生まれ故郷が中山市と改称されたいわれになっている。

                                (国際派日本人講座から)

 このことを知る中国人は何人いるだろうか。知ったところで、恐らく多くは自国の歴史が往々としてそうだったように「捏造だ」と思うんでしょうね・・・。
  この「中山」という名称のつく通りは、台湾、大陸を問わず、大都市から小さな町まで、ほぼ存在しない地域はないだろう。その数は世界中で三桁、いやもしかしたら四桁にも及ぶかも知れない。
 今あれだけ中国で不当な扱いを受けている日本の、しかも天皇家に由来のある名称が、これだけ中国全土を席巻しているのは、何とも妙なるものである。

|

« ◇わが家の猫たち 「ちび」 | Main | ◇信じられない!扶桑社教科書採択への妨害運動 »

日本」カテゴリの記事

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ◇孫文の名前の由来は日本にあった:

» 台湾 [世界の旅]
台湾 台湾地域を実効統治している国家の詳細に関しては中華民国を参照のこと。----台湾(たいわん、中国語繁体字表記:臺灣または台灣、ピンイン:T?iw?n)は、東アジアに在る台湾島を中心とした地域の名称であり、太平洋の西岸に位置している。1945年以降は中華民国の統治下にあるが、、1949年成立の中...... [Read More]

Tracked on August 01, 2005 12:17 PM

« ◇わが家の猫たち 「ちび」 | Main | ◇信じられない!扶桑社教科書採択への妨害運動 »